活動内容 ”近江メソッド“による英語コミュニケーション ワークショップ

  • TOP
  • ご挨拶
  • 活動内容
  • よくある質問
  • 受講者の声

活動内容 ”近江メソッド“による英語コミュニケーション ワークショップ
Activity content

  • HOME
  • 活動内容 ”近江メソッド“による英語コミュニケーション ワークショップ

レベルは問いません。全員が白紙です

目標

  • 英語コミュニケーション力を大幅アップさせる!
  • 継続的個人学習法を会得する!
  • (教員)当今の国の要請にも対応しつつ、受験指導をからめた“ひとつの英語”の指導への対応力を身に着ける!

対象:中上級学習者・英語教育に関心のある方
(レベルは問いません。全員が白紙です)

葉山教室(本部)

場所 神奈川県三浦郡葉山町(逗子駅よりバス「御用邸前」より徒歩15分、「葉山公園前」から3分)
日時 第2、4土曜日(13時半~16時半)
変更することもあります(→スケジュール表)

名古屋教室

場所 名古屋市昭和区滝川町26の1 杁中スカイタウンスタジオ
日時 第1,3土曜日  (13時半~16時半)
変更することもあります(→スケジュール表)

活動内容

前半:Oral Interpretation=音声解釈表現/コミ ュニケーション的精読

毎回、戯曲(モノローグ、対話文)、ミュージカル、手紙文、演説、広告文、評論文、随筆、受験参考書の長文、新聞、雑誌記事など、適当な長さの文章を受け取る。これを背後に人がいる「語り」(=パロール)として捉え、コミュニケーション的視座である「7つのポイント」(①誰が、②誰に向かって、③いつ、④どこから、⑤どういう目的を達成するために情報伝達?説得、余興歓待?弁明?等)、⑥どういう内容を、⑦どういう配列(論理的、感化的構造)で、どういう表現を使って語られているか―ーを考え、理解したように声にだし体を使って「演技」あるいは「朗読」していきます。

後半:Mode Transformation=モード転換表現訓練

素材が身体に馴染んできたところで、しかるべき相手に向かって実際に話すように語る練習をします。次には、原文の視点を変えて話してみるシミュレーションをします。ここにきて原文の入力はより確かなものになり、来るべき実際のコミュニケーション場面における確かにして連続的な発話力に貢献する英語が塊として蓄えられます。

授業料 毎回 2,000円
※入会金や月会費はありません
※参加される当日に、名前と連絡先住所を書いた封筒に入れて納入してください。
なお、中高生、大学生は500円です。
行事 英語・日本語によるリーダーズシアター・フェスティバル

学習・教育活動を促進するために、クリスマス時期に行ってきた行事があります(HP参照)。これは南山大学短期大学部で長年私が中心になって行ってきた、我が国にない英語スピーチのフェスティバルで、それを引き継いだものです。

その時々の会員の数や習熟度に関連するので、時期が熟してきたと判断すれば実施を考えますので楽しみにしてください。必須ではありません。

いわゆるパフォーマンス自体は目的ではありません。その前後にどういうスピーチの訓練が進行していくかが重要な点で、公開してあくまでも英語力を獲得するための「近江メソッド」の一端を理解してもらうためのものです。(過去の行事はNews参照)