受講者の声 音読レシテーションスピーチ指導・英語コミュニケーション教育・近江誠

  • TOP
  • 近江アカデミー施政方針
  • 各コースの紹介
  • よくある質問
  • 受講者の声

受講者の声
Opinions

K.S様 28歳男性 官公庁勤務

  • 英語の上達に必要なのは、「正しい学習法」と「努力」だけです。
  • 官公庁勤務
    K.S様 28歳男性

努力しなければ英語ができるようにならないのは当たり前ですが、努力さえすればいいというわけではない。正しい学習法が必要である。私がそのことを実感したのは、大学生の頃です。
私は中学高校と英語の成績が良く、国立の大学に通っていたので、英語には自信がありました。しかし、いざ英語を話すとなると、簡単な日常会話すらまともにできず、授業で留学生と議論をする際も、「Yes」とか「Uh-huh」しか言えない(しかも相手の言っていることの意味も分かっていない)のが現実でした。

私には、東京大学や名古屋大学に進学した友人もいましたが、彼らに話を聞いてみても、どうやら事情は同じようで、海外で生活をしていたような人を除いては、英語が話せる日本人学生はいないのでは、との回答でした。国内トップの大学生ですらまともに英語ができないのが日本の英語教育なのかと、ショックを受けたことを記憶しています。
一方、中国・韓国・モンゴルなどの留学生は、英語で教授と高度な議論を戦わせていました。それを見て、なんとか自分も英語ができるようになりたいと、最初は学校教育の延長線上のような方法で勉強をしました。すなわち、単語帳に載っている英単語(しかもカタカナのルビが振ってあるもの)をひたすら丸暗記するという方法です。

しかし、この方法は失敗でした。全く英語を話せるようにならなかったばかりか、変なカタカナ発音が身についてしまったのです。これではいけないと思った私は、なけなしの金をはたいて英会話教室に通ったりもしました。自分は話す訓練を積んでいないだけで、たくさん話しているうちに上達するだろうと、安直に考えていたわけです。

しかし、この方法も駄目でした。短い挨拶程度はできるようになりましたが、その後が続きません。自分の中に、何も英語が入っていないので、逐一日本語で考えて、それを一度英語に翻訳してみて、それから話すというような具合です。日本語に対応する英語がぱっと思いつかない場合は、それ以上言葉が出てきません。この時私は、10年近く英語を勉強してきたにもかかわらず、自分には何も英語が入っていないということを痛感しました。

そんな折、英語教師の父親から、近江先生のレッスンに参加してみないかとの誘いを受けました。学校教育にも、英会話教室にも見切りをつけ、もう自分には英語なんて無理ではないかとあきらめかけていた矢先でしたが、ダメ元で行ってみようと、レッスンに参加しました。
先生のレッスンは予想以上でした。先生は、私に英語学習のための明確な指針と方法論を与えてくださいました。その指針とは、「Input precedes output.」で、その方法論とは、「4つのインプット」です。自由会話なるものをする前に、まず、自分の中に英語がたっぷりと入力されていなければならない。そして、そのインプットには大別すれば、4つの方法があり、その中で最も強力な方法が、オーラルインタープリテーションである…。このように、明確に示してくださったのです。そして、この「4つのインプット」を日々実践するうちに、どんどん英語が自分の中に「溜まっていく」という感覚を覚えました。これは、今までの学習法では感じたことのない感覚でした。

特に効果を実感したのは、やはりオーラルインタープリテーションで、英語の素材を、その語り手に成り代わって話すという訓練を積むことによって、それがそのまま「かたまり」として、自分の中に取り込まれる。そして、そのように取り入れた英語が実際の会話の中に飛び出してくる。このような経験を、近江アカデミーでたくさんしました。
このような経験を積むうちに、「今はまだまだだけど、この方法で学習していけば、必ず英語は上達する」と思うことができるようになり、そのことがまた英語学習のモチベーションにつながるという好循環ができました。
その結果、日常会話すらまともにできなかった私の英語は、わずか2年足らずで英検1級合格、TOEIC860点を獲得できるまでに成長しました。
しかも、日中は仕事をしながら、さらには、これらの試験自体の勉強はほとんど行っていないにも関わらず、です。

先日仕事にて、海外の会社と電話でやりとりをした際、英語ができる者が私の周りにいなかったので、新人の私が電話に出ました。急な電話で、事前準備もしていなかったのですが、問題なく対応することができました。その後、上司や先輩から、なぜそんなに英語ができるのか、留学でもしていたのか、と質問を受けました。
私は日本で生まれて日本で育った日本人で、短期留学すらしたこともなく、ネイティブの友人もいませんが、近江先生のメソッドで、ここまで力をつけることができました。このことを非常に誇らしく思うと同時に、なぜこのように素晴らしいメソッドがもっと広まらないのだろうかと、悲しくも思います。

きっと今この瞬間も、多くの生徒・学生が、一生懸命間違った方法で英語を勉強しています。彼らは、日本人だから英語ができないわけでもなければ、やる気がないから英語ができないわけでもありません。むしろ、中学・高校時代には、英語ができるようになりたいという気概があっても、正しい学習法を知らないために、上達を実感できず、自分には英語は無理だと諦めてしまうのではないでしょうか。かくいう私も、近江先生に出会わなければ、もう英語を捨ててしまっていたかもしれません。
先生のメソッドが、広く一般の学習者、とりわけまだやる気に満ちている中高生に広く普及することを願ってやみません。